日本フリンゴ協会
 
フリンゴとは
競技方法
ルール
取材履歴
大会・イベント案内
イベント実績
指導者制度
養成講習会
特別開催申し込み
講師派遣
協会について
入会案内
賛助会員
用具の購入
レンタル制度
取扱店舗一覧
現在の位置:ホーム >> フリンゴとは >> ルール

ルール

プレーヤーの年齢やプレーの場所、時間などに応じて、競技人数やポイントなど一部ルールを変更しても問題ございません。

コート コートはバドミントンダブルスコートを準用する。
コートサイズは長方形で、13m40cm×6m10cmとする。
ネットの高さ ネットはバドミントンネットを準用する。
ネットの高さは1m55cmとする。
競技人数 シングルマッチ1人対1人とする。
ダブルスマッチ2人対2人とする。
(小学生など子どもの場合は、1チーム3人や4人でプレーしても問題ありません。)
ポイント 1セット21点ラリーポイント制とし、2セット先取の3セットで行う。
(体力や時間などの状況に合わせて点数やセットを変更しても問題ありません。)
サービス サイドラインの延長線内、自陣コートのエンドラインの後方でクロスを使い行う。
ボールを自分でトスし、クロスで打つ。
サイドアウト 次のような場合、相手チームにポイントが入る。
・相手チームにスパイクやサービスを決められた時。
・返球ミスをした時。
・ボールがクロス以外の場所に触れた時。
・ボールを相手コートに返すまでに、シングルの場合2回以上、ダブルスの場合4回以上ボールに触れた時。
・ダブルスの場合、同じプレーヤーが2回連続でボールに触れた時。
・タッチネットした時。
ポジション コート内のポジションは自由。但し、サービスが打たれる時にはコート内にいなくてはならない。
ネットプレー ネット上から相手コートに侵入してはならない。
ネット下からの相手コートへの侵入は、相手プレーヤーに触れたり、プレーを妨害しないかぎり反則とならない。

ページTOPへ

ホーム フリンゴとは 大会・イベント案内 指導者制度 講師派遣 協会について 用具の購入
FLiNGOは、ドイツ Touch More社の登録商標です。
Copyright© Japan Flingo Association 2006-2007 All Rights Reserved.
.